脳神経内科で看護師が働く場合、どんなことを知っておくべきなの?

脳神経内科は神経だけでなく脳や脊髄などの病気を治療する内科です。しびれやめまい、体に力が入らない、歩きにくいなど体が動かしにくい、触れても何も感じない、ものごとをうまく考えられないといった症状に対応します。

神経内科が扱う主な疾患は頭痛や脳卒中、てんかん、神経難病、パーキンソン病ですが、近年は高齢化の影響で認知症の患者さんが増えています。

脳神経内科での看護師の仕事

脳神経内科での看護師の主な業務は、検査や診療に必要な器具などの準備、医師の診療の介助、患者さんとコミュニケーションをとって患者さんと医師の橋渡し役になること、入院患者さんの看護などです。

脳神経内科では病気の原因を調べるために、さまざまな検査が行われます。検査がスムーズに進むように事前に準備を整えておかなければ、検査が滞ってしまいます。

迅速に診断結果を出すためにも、機器の準備は重要です。また、うまく話せない患者さんも多いですから、どのような症状なのかを根気よくヒアリングして、医師に的確に伝えるのも看護師の役割です。

 

入院患者さんへの看護では経管栄養剤を注入したり、呼吸器を管理したりすることが多く、自分で動けない患者さんも多いのでオムツ交換や、褥瘡予防のための体位の交換、食事の手助け、痰の吸引など介護的な看護が多くなります。

患者さんのなかには筋ジストロフィー症など難病で余命が限られているひともいます。このような患者さんは肉体的な苦痛はもちろんのこと、精神的な苦痛も強く感じていますから、患者さんの気持ちに寄り添った看護が必要です。

脳神経内科のメリットとデメリット

脳神経内科のメリットとしてまず挙げられるのが、最先端医療に触れられることです。

脳や神経という極めて難しい領域を扱う診療科ですから、世界中の研究者が病気の解明に取り組んでおり、常に最新の医療が取り入れられます。

このため高度な医療器具を取り扱ったり、最先端の治療の介助ができるなど、看護師にとって学ぶことが多い職場です。

 

デメリットは、介護的な看護が多いので体力が必要なことでしょう。上手に看護しなければ腰を痛めてしまうこともあります。

 

脳神経内科のある病院に転職を考えているなら…

脳神経内科や、外科・内科など、別の病院に転職を考えているなら、「安心!看護師求人比較サイト」を利用してみてください。

どんなことに気をつけて看護師求人サイトを利用すればいいかが丁寧に説明されているので、参考になると思います。