腎臓内科の実態~看護師の職場シリーズ

 

ga002

腎臓内科では、血尿やタンパク尿が出る人や、腎臓の機能が低下した人の治療を行う内科です。

主に扱う病気は慢性腎臓病、ネフローゼ症候群、腎炎、IgA腎症、腎不全、糖尿病性腎症など。治療で人工透析やCAPD、腎移植などが行われることもあります。

 

栄養士や他の診療科と連携しながら治療に当たることも多く、看護師には優れたコミュニケーション能力が求められます。

 

腎臓内科で働く看護師の仕事

腎臓内科で働く看護師の仕事は多岐にわたりますが、主に医師の検査や診療の補助、食事療法や薬物療法に関する説明や指導、人工透析を導入する患者さんへのシャント作成などです。

入院患者さんに対しては清拭や排泄の世話などの生活のケア、バイタルチェックのほか、患者さんとコミュニケーションをとって精神的なケアも行います。

腎臓の治療は難しく、完治するケースも少ないため、患者さんは長い闘病生活を送らなければいけません。食事制限など生活面での制約も多いですから、患者さんのQOLを少しでも高めるために、きめ細かな看護サービスを提供する必要があります。

 

腎臓内科のメリットとデメリット

 

メリットは何?

病棟勤務のある腎臓内科で働く場合は、患者さん一人ひとりにじっくりと看護サービスが提供できるのがメリットです。長期間入院する患者さんが多いので、患者さんとしっかりと向きあって心ゆくまで看護ができます。

 

また最近では、人工透析のみを行うクリニックも増えてきました。このような職場では夜勤がなく日勤のみで働けるのがメリットです。

人工透析を行っている間に、患者さんとコミュニケーションを取ることができるので、病棟勤務を行わなくても患者さんにしっかりと対応できるのもメリットです。

 

デメリットは?

一方のデメリットとして、患者さんとのコミュニケーションを取るのが難しいことがあげられます。

しっかりとコミュニケーションが取れる診療科ですが、新人の看護師に対しては、自分のほうが病気に詳しいと考える患者さんも多く、クレームがでたり、患者さんから未熟さを指摘されたりすることもあります。長い闘病生活でストレスが溜まっているため、気難しい患者さんも多く、対応に苦労することがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket