形成外科での看護師の役割~あなたに向いてる?

 

ga003

 

形成外科は身体の変形や欠損などを治療する診療科です。

 

顔面骨折やキズ、手足の先天異常、唇裂や口蓋、皮膚腫瘍、顔面神経麻痺などさまざまな部位の治療を行います。

 

形成外科での看護師の仕事

形成外科の仕事は病棟勤務と、外来勤務にわかれます。

病棟勤務の場合は主に患者さんのバイタルチェック、点滴、手術前の説明や術前・術後のケアのほか、手術室での業務もあります。入院患者さんの清拭や食事、排せつの介助などの生活支援も主な業務です。

手術後は患部を固定したり、感染症にかからないように気を配ったりしなければいけません。また動けない患者さんには褥瘡予防のために体位の変更も行います。患者さんは外見の損傷や異常に精神的な苦痛を感じている人が多く、精神面のケアも欠かせません。

 

外来での仕事は主に、医師の検査や診療の介助、採血、注射などです。患者さんにどのような症状で来院されたのかを聞き取り、医師に正確に伝えます。医師の処置の介助では指を切断した、クギを踏み抜いたなど治療に緊急を要する患者さんも来院しますから、素早く的確に対応する能力が求められます。

 

形成外科のメリットとデメリット

 

形成外科で働くメリットは?

形成外科は患者さんの肉体的な苦痛を取り除くだけでなく、見た目の損傷を治すことでこれまで患者さんが感じていたコンプレックスなどの精神的な苦痛を取り除くことができます。患者さんの役に立てているという実感を得やすく、働きがいのある職場であることがメリットです。

 

また、子どもからお年寄りまで、さまざまな症状の患者さんが来院するため、臨床経験の幅が広がり、看護師スキルを伸ばせるというメリットもあります。

 

形成外科のデメリットは?

形成外科のデメリットは、さまざまな症例に対応するために、覚えなければならないことが多いことです。

形成外科の需要は高く、患者さんも多いため、仕事中は多忙をきわめます。疲れていても仕事の後に勉強会に参加したり、自宅で勉強をしたりと、なかなか休めないのがデメリットです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket