循環器内科での看護師の働き。転職前に確認を!

 

ga006

循環器科では主に、心臓や血管の病気を診療します。耳にすることも多い狭心症や心筋梗塞などといった心臓の病気や、高血圧症や大動脈瘤など血管の病気の診療を行います。

循環器内科はメスを使う手術は行いませんが、循環器の疾患の総合的な判断を行い、手術が必要な場合は循環器外科へとバトンタッチを行います。

 

循環器内科での看護師の仕事

循環器内科での看護師の主な仕事は、医師の診察の補助と、患者さんへの対応です。心臓や血管の病気は、一歩間違うと命に関わるので、看護師も常に緊張感をもって働かなければいけません。

入院患者さんに対しては、食事や排泄の介助、清拭、バイタルチェック、点滴、薬の管理などを行います。また、心臓カテーテル検査など、内科で行われる検査や処置の介助なども行います。集中治療室の患者さんの看護を担当するケースも多くなります。

 

循環器内科のメリットとデメリット

循環器内科で働くメリットは、看護師に必要なスキルが伸ばせることです。心電図が読めるようになるほか注射などの医療的看護の技術も磨かれます。また、患者さんの容体が急変するときのサインが、血流や呼吸に現れることが多いので、循環器内科で臨床経験を積めば、他の診療科に移っても患者さんの観察する際にとても役に立ちます。

循環器内科では薬による治療が行われます。副作用の有無や飲み合わせなど、薬に対する知識が身につくのもメリットです。

 

デメリットは何といっても、非常に忙しいことです。容態が急変する患者さんも多いので、残業が日常的になっている病院もあります。夜勤のときも頻繁にナースコールで呼び出されるので、ゆっくりとしていられません。そのうえ救急の患者さんが搬送されてくるとなると、慣れないうちはパニックに陥ることもあります。

常に時間に追われ、バタバタと仕事をしているうちに一日が終わるといったイメージです。休日出勤をしなければならないこともありますし、ハードな職場です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket