眼科で勤務する看護師のメリットとデメリットを比較しましょう。

 

ga008

眼の疾患を扱う眼科では白内障や緑内障、ドライアイなどさまざまな症状の患者さんが来院します。

眼科で看護師はどのような業務を行うのでしょうか。

 

 

眼科での看護師の仕事

眼科での看護師の業務は、手術をする・しない、視能訓練士がいる・いないなどによって変わってきますが、基本的には目の検査、医師の診療の介助、採血や点滴などの医療的看護、患者さんへの説明などの対応などを行います。

手術を行う眼科では、手術の介助も業務となります。目が見えにくい人が来院されますから、院内の移動などには十分に気を配る必要があります。目の治療や検査のために、専用の機械を使うことも多く、器具の操作や管理も仕事の一部です。

 

眼科のメリットとデメリット

メリットは?

入院設備がない病院では日勤のみで、夜勤がないのがメリットです。目は人が情報を収集するための重要な器官で、直接脳につながっています。単純に目だけの疾患ではなく、糖尿病の合併症など他の病気とのかかわりも深いのが特徴です。

眼の構造や機能、目と脳の関係、目に影響が出る病気など学ぶことがたくさんあるので、看護師に必要な知識が増え、やりがいが感じられるのもメリットです。

 

また比較的健康な患者さんが多いので、救急外来やがん患者さんの看護と比べると、精神的な負担が少ないのもメリットです。患者さんとのコミュニケーションも取りやすいですから、地元密着型の眼科医院などでは、顔なじみの患者さんが多く仲良くなれるというメリットもあります。

 

では、デメリットは?

一方、デメリットとしては、機械の扱いや眼の疾患、合併症との関係など、覚えなければならないことが多いことです。慣れてしまえばそうでもありませんが、最初のうちは機械がうまく扱えなかったり、視力検査がうまくできなかったりなど、戸惑うこともあります。

手術を行う病院では、一日中手術ばかり行っているところもあます。一日に何件も手術をこなすので、手術の介助や、手術後の患者さんのケアなど多忙を極める職場も少なくありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket