放射線科での看護師の仕事、あなたはどれだけ知ってる?

 

ga005

放射線科と聞くとレントゲンを撮る診療科なのかなと思われるかもしれませんが、放射線科ではレントゲンなどの画像診断だけを行っているわけではありません。

放射線科の主な診療領域は、レントゲンやCTスキャンなどの放射線診断のほかにも、核医学検査、放射線治療などがあります。

放射線科での看護師の仕事

放射線科の看護師の主な仕事は、医師や放射線技師のサポートや患者さんへの対応です。MRI診断などでは検査前の着替えの手伝いや、造影剤のリスクなど検査についての説明を行います。

画像診断を行いながらカテーテルを使った治療を行うIVRの介助では、必要や器具や薬の準備を万全に行って医師の介助を行いがら、患者さんの様子をしっかりと観察し、安全に治療が行えるよう配慮します。また、患者さんの不安を和らげるために、やさしく話しかけるなどコミュニケーションも看護師の役割です。

放射線治療も行われるため、がん患者さんに接することも多い診療科です。放射線治療は副作用が強く、患者さんは肉体的にも精神的にもダメージを受けています。がんと戦う患者さんの気持ちに寄り添った看護を行う必要があります。

 

放射線科のメリット・デメリットを紹介

放射線科で働く最大のメリットは、外来だけなので夜勤がないことです。また放射線科では医師や撮影技師、他の診療科とチームを組んで治療に当たるため、スタッフが力を合わせて仕事に取り組むという一体感が得られるのもメリットです。

 

デメリットは常に被爆の不安にさらされることです。他の診療科に比べて被曝リスクは高いのですが、プロテクターを着用し個人線量計を携帯して毎日の被曝量に気をつけるなど被爆対策を行っていれば、それほど心配することはないと考えられます。

 

放射線科は最先端医療に携われる診療科ですが診療分野は主に放射線診断、核医学検査、放射線治療の3つに分かれます。放射線治療のスキルを身に付けたいと希望して放射線科に転職したのに、放射線診断に力を入れている病院だったという場合、希望するスキルが身につかないこともあります。

放射線科へ転職する際は、どのような診療分野を得意としているのか、事前に確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket